2014年1月14日 (火)

F君 (2)

前回書いた F君の話 の続きですが ... あんまり書きたくないなぁ。(苦笑)

年が明けて会社で 新年会がありましたが、私はいつものように欠席。

どこでやったのかも知りません。 多分そこらの居酒屋でしょうけど。

例のF君も いつもはほとんど出ないようなんですが、女子先輩社員 が面白がっちゃって、私のことどう思ってるのか 聞いといてやるからって ...

そんなこと頼んでもいないのに、「 ともえちゃんも出席するかもよ~ 」 とか嘘ついて、無理やり F君を出席させたらしいんです。

余計なことを ...

で、休み明けの月曜日、先輩社員 ...

「 ともえちゃん! F君からばっちり聞いといてあげたからねぇ。 」

... だから頼んでないって。

お酒飲ませて、しゃべらせたそうです。

まあ、教えてもらった話を要約すると、こんな感じらしいです。

先輩 「 F君、もうね、みんな知ってるから。ともえちゃんに気があること 」

F君 「 えっ、いや~~、そんな~~ 」

先輩 「 ともえちゃんのどこがいいの? 」

F君 「 いや~、なんかおとなしくて、性格良さそうじゃないですかぁ 」

先輩 「 ともえちゃん 彼氏いないからね。 チャンスじゃない? 」

F君 「 え~、ウソでしょ? マジっすか? 」

先輩 「 ともえちゃん 小柄だし。 F君と合うかもね 」

会話の雰囲気は、私が勝手に想像して書いてます。(^^

いやいや (^^ なんて書いてる場合じゃない。

F君をその気にさせてどうするの。

なんだか ますます会社に行きづらくなってきたなー。

前回も書きましたが、私は会社の人間と恋仲なんかになる気は、まるでないんです。

ん~~ ... とりあえずF君とは、なるべく顔を合わせないよう、忍者のようにしとおこう。

忍者 くノ一




2013年12月29日 (日)

F君

F君は私の勤めている会社の 同じ部署で働いている、2歳年下の男性です。

外見的には 背は多分160cm台前半くらいでしょう。 若干小太り

顔の方も はっきり言っていいとは言えません。

仕事のほうは まあそれなり。

特別仕事が出来るというわけでもなく、まあ普通といったところです。

このF君、おとなしいです。 表情もあまり変えません。

仕事に関しての話は最低限しますが、私的なことに関しては 誰かが話しかけない限りしゃべりません

ちょっと私もそれに近いので、人のことは言えませんが ...

そのF君、最近なんかおかしい。

この間事務所でコピーを取っていたら、私の後ろにF君が並びました。

コピーの枚数が多かったので 「 ちょっと枚数が多くて ごめんね。」 と一応声を掛けると F君 ...

「 あっ、だいじょうぶですよ。(^v^) 」 と 珍しく笑顔。

別な日はファックス。

その時も枚数が多かったのですが、またまた私の後ろにF君が並んで。

なんと今度はF君から声を掛けてきました。

「 たくさんあって大変ですね。(^v^) 」

... また笑顔。 しかも自分から。 一体どうなってるの?

で 先日。

私の仕事が珍しく片付いたので 定時で退社しようとしたところ、今まで普通に仕事をしていたF君が 突然机の上を片付け始めて ...

「 お先に失礼します 」 と。

私のほうが一足早く事務所を出ましたが その後出たF君が 早足で私の後ろを歩いて来て、私に追いついて横に並びました。

「 お疲れ様でしたー 」 とF君。

私も 「 お疲れ様。」

F君 「 ともえさん、家は近いんですか? 」

私 「 あ、うん、結構近いかも。」

私 「 あ、じゃあ、お疲れ様。」

と急ぐように 会社を後にしましたが ...

んーー ... おかしい。 おかしい。 やっぱりおかしい。

うぬぼれるわけじゃないけど ... もしかして私に気がある? ...

さすがにF君のそういった様子に 周りの人たちも気づいたようで。

Aさん 「 おっ、ともえちゃん。 最近どうみても F君に好かれてるよねぇ。(ニヤニヤ) 」

私 「 Aさん、変なこと言わないで下さいよ ... 」

Aさん 「 ははっ。 いや冗談 冗談。 (ニヤニヤ) 」

くーーっ。 やっぱり誰が見ても そう見えるよなぁ ...

外見だけでF君をどうのこうの言うつもりはないけど ... 私にも選ぶ権利はあるから ...

それ以前に、私には同じ会社の人と そういった仲になるなんて、考えられない ...

...

...

... いや、しかし、困ったなぁ。 なんか会社に行きたくなくなってきた。

何が一番嫌って、周りの人たちにその件で ニヤニヤされるのが一番つらい。

困った、困った、どうしよう ...

私の 何がいいんだろう ...

困ったなぁ…




2013年11月30日 (土)

クール宅配

このごろ いくつかの運送会社の、クール宅配便の温度管理が きちんとされていなかった というニュースがありましたが ...

クール便で預かった荷物にもかかわらず、長時間に渡って常温で保管されていたという ...

で、運送会社ではそれが公になって、偉い人が会見開いて すみませんでした ...

謝るのは当然だけど、それだけ?

クール便の指定をお客さんから受けて その分のオプション料金をいただいてるんだから、きちんと温度管理されずに配達してしまった荷物分に関しては、オプション分の料金を返金しないと まずいんじゃないですか?

多分 どの荷物がきちんと温度管理されていたのか、どの荷物がきちんと管理されていなかったのか、今になっては もう分からないと思います。

だったら、過去にクール便で配達した すべての荷物を洗い出して、遡って オプション料金を返却するしかないんじゃないですか?

すごい巨額な金額になると思いますが、そんなのは自業自得です。

お金貰っといて、その分のサービスをきちんと提供しなかったんですから。

そんなの 詐欺 じゃないですか。

このまま謝罪だけで この件はおしまい!  それじゃ納得できないと思うんですが。 ねぇ。

そう思いません ... ?

クール宅配




«副作用 2